食用油を語るにはこれが大事!! 10倍健康を加速するオメガとは?

こんにちは。ともなですニコニコ
体にいい油を選ぶうえで知らなければいけないのが「脂肪酸」です。
でも、この脂肪酸って普段あまり聞かない言葉ですよね。

 

 

ここでは脂肪酸っていったい何? 聞き慣れないから難しそう。。
体にはどんな効果があるの?
という点を分かりやすくまとめてみました。

 

脂肪酸っていったい...?

 

まず、大きく分けると2つ

「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分かれます。

脂質はこの2つが主成分で、これが脂肪酸と呼ばれるものです。

 

 

この2つは違う働きをして、現在「油脂」とよばれるもの、

キャノーラ油、オリーブオイル、動物性脂の牛脂、豚脂などものはこの2つの

どちらかに分けられます。

 

 

 

 

 

不飽和脂肪酸には、「多価不飽和脂肪酸」と「一価不飽和脂肪酸」があり、
さらにそこからみなさんも聞いたことがあると思われる

オメガ3、オメガ6、オメガ9と分かれていきます。

 

 

 

 

これらはすべて脂肪酸と呼ばれ、それぞれの脂肪酸により体への効果、役割が大きく

違ってきます。

 
だから、なんとなくこの油はヘルシーそうとか、肉は太るから摂らない。というイメージでは
なくて、どんな種類の脂肪酸が多く含まれているかを見ることで、

あなたの求めている油、脂肪酸のバランスが優れていて積極的に摂りたい油かどうかが分るようになります。

 

 

 

 

油の役割には、体の細胞膜を作ったり、脳の半分以上が脂質でできているので、
この脂肪酸を見直せば体も変わるということ!

 

 

 

 

 

 

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違い

 

飽和脂肪酸

まず飽和脂肪酸とは、常温で個体になるものです。

この飽和脂肪酸を多く含んでいるもの
肉類、ラード、バター、ココナッツオイルなど

 

food_butter

 

この飽和脂肪酸はエネルギー源になります。
常温では個体、高温では液体です。なので体の中では固まりやすいため
体脂肪になったり、コレステロールを増やし、血液をドロドロにしたりするので
摂りすぎに注意しなければいけない脂肪酸です。

 

 

 

 

不飽和脂肪酸

飽和脂肪酸とは逆に常温でも液体の状態です。

 

この不飽和脂肪酸を多く含んでいるものは

キャノーラ油、オリーブオイル、コーン油などの植物油、
魚介類など

 

COVLS3-150ppp-01

 

体の中に溜まりにくく、コレステロールを減らしたり、
動脈硬化・高血圧を予防する効果があり、健康に良い油とされています。

 

オメガ3,6,9がここに含まれています。

賢く摂取するには、このバランスが非常に大事になってきます。

 

 

 

不飽和脂肪酸は、最高の栄養が満載!

不飽和脂肪酸は、さらに体内で作ることができない多価不飽和脂肪酸と 体内で作ることが可能な一価不飽和脂肪酸
にわかれ、オメガ3(a―リノレン酸)とオメガ6(リノール酸)は多価不飽和脂肪酸に、オメガ9(オレイン酸)は
一価不飽和脂肪酸に分類されます。

 

特にオメガ3は魚にも含まれる脂肪酸で、頭が良くなるなど聞いたことがあるのではないのでしょうか。
それぞれに違った効果があります。健康を維持するための機能を見ていきましょう。

 

オメガ3 a-リノレン酸

fish_maguro

 

多く含まれている食品

・シソ油、エゴマ油、キャノーラ油、青魚など

体内で作ることができない必須脂肪酸の1つなので、食品から積極的に摂りたい油です。
オメガ3にはこんな効果があります。

・生活習慣病の予防
・血液中の中性脂肪を下げる
・ガンや高血圧の予防
・ストレスを和らげ、精神を安定させる
・動脈硬化の予防
・アレルギーの抑制

 

また美容系では、
・しわ、シミの予防
・アンチエイジング
・脂肪燃焼!

 

など、健康と美容の為に摂取した要素満載です(^^♪

ただ、非常に酸化しやすいという弱点があります。

酸化した油をとると、老化を早めたり、シミ シワの原因にそして
細胞を傷つけて病気の原因になったりと体に悪いです。なので家での油の管理方法
(日光を避けたり、冷蔵庫の中に入れたり)がとても大切になってきます。

 

オメガ6 リノール酸

food_gomaabura

 

多く含まれている食材

グレープシードオイル、ごま油、大豆油など

 

こちらもオメガ3と同様に体の中では作られない必須脂肪酸です。

オメガ6の効果

・子供の発育に欠かせない
・コレステロール値を下げる
・アレルギー、感染病の予防
・免疫力の強化

 

しかし、現代人はこのオメガ6を摂りすぎている傾向にあるようです。
摂りすぎると悪玉だけではなく、善玉コレステロールまで減らしてしまったり、
アレルギー症状を悪化させたり、ガンのリスクを高めてしまう。
などの報告もあります。

オメガ6を適度に摂取しているとアレルギーの予防になりますが、摂取しすぎると
アレルギーの悪化につながります。
なので、適度にとり、しかしとりすぎないなどのバランスが大切になってきます。

 

また、オメガ3と真逆の働きをしてお互いを支えあい、体にいい働きをするので

このバランスが大事です。

 

オメガ3:オメガ6=1:2~4が理想とされています。

 

 

オメガ9 リノレン酸

 

多く含まれている食材

olive_oil

オリーブオイル、キャノーラ油、こめ油、ヒマワリ油など

 

体の中で作ることができる脂肪酸。
オメガ9 オレイン酸の効果は

・高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防をする
・便秘解消
・悪玉コレステロールの減少

熱に強く、酸化しにくい性質があります。
食用油以外にもアーモンドにも多く含まれているので、
摂取しやすい脂肪酸です。

また、保湿性があるので、肌に塗るクリームにも使用されることも
あるようです。

 

 

まとめ

 

●脂肪酸にはまず大きく2つに分かれる。
常温で個体になる 「飽和脂肪酸」 と 常温でも液体状態である「不飽和脂肪酸」

 

飽和脂肪酸は バター、牛脂などエネルギーになるが、血中に固まりやすいので

摂りすぎ注意。

 

不飽和脂肪酸はオメガ3,6,9系脂肪酸。

 

 

 

●多価不飽和脂肪酸には、体の中で作られない必須脂肪酸。

 

オメガ3とオメガ6があり、オメガ3は積極的に摂りたい油。
オメガ6は普段の生活で摂りすぎている傾向にあるので、バランスを大事にする。

 

●オメガ9は多価不飽和脂肪酸。

 

体内で作ることができて、酸化しにくい。

 

 

 

最初のうちは名前がややこしいですが、この脂肪酸の違いを覚えておくと

油を買うときに役に立つと思います。

 

質の良い油で豊かな人生を~ラブラブ

カテゴリー: ブログ